Loading...
 

コンフォーカル画像のデコンボリューション


コンフォーカル画像にデコンボリューションを適用すると、x、y および z の解像度が向上し、ノイズから復元します。 したがって、画像を視覚化して、分析することが容易になります。 コンフォーカルのデフォルトアルゴリズムは、Classic Maximum Likelihood Estimation (CMLE) で、デフォルトの SNR 値は、20 です。 例えば、デコンボリューション結果を最適化するためにデフォルトのパラメータから始めて、他の SNR 値を調べることを推奨します。 元画像を記述するパラメータとして SNR を考えるべきではなく、デコンボリューション処理された結果を制御する調整可能なパラメータとして考えるべきです。大きすぎる SNR 値を使うと、ノイズの多い元画像を復元するときに危険です、ノイズを強調するだけだからです。 ノイズの多いコンフォーカル画像は、20 以下の SNR 値を持つことができます。 もう一つの選択肢は、結果を改善するために Good's roughness Maximum LikelihoodEstimation (GMLE) アルゴリズムをテストすることです。 GMLE は、コンフォーカルか、または STED のようなノイズの多い画像に適しています。


Hela cell stained for DNA (Azure), F-Actin (Spring Green), Mitochondria (Amber) and Tubulin (Bright Pink). Confocal images were taken with a Zeiss LSM710 microscope and deconvolved with Huygens software.
Hela cell stained for DNA (Azure), F-Actin (Spring Green), Mitochondria (Amber) and Tubulin (Bright Pink). Confocal images were taken with a Zeiss LSM710 microscope and deconvolved with Huygens software.


Try Huygens for Free!


Request Trial


Contact Information

Scientific Volume Imaging B.V.

Laapersveld 63
1213 VB Hilversum
The Netherlands


Phone: +31 (0)35 64216 26
Fax: +31 (0)35 683 7971
E-mail: info at svi.nl

Image Image Image Image Image Image