Loading...
 

Huygens ソフトウェア



Scientific Volume Imaging 社より

デコンボリューションと顕微鏡イメージングのエキスパート

Huygens ソフトウェアは、顕微鏡画像の持っている情報を引き出します!!!


Huygens Essential は、簡単なグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)と最新のデコンボリューションアルゴリズムで誰でも高品質のデコンボリューション処理を利用できます。 ソフトウェアは、効果的に画像からケとノイズを取り除き、劇的に顕微鏡画像の解像度とコントラストを改善します。 この方法で隠されたままで残っている画像の構造と細部を、はっきりと見せます。


Huygens Essential (click to open larger view).
Huygens Essential (click to open larger view).


ウィザード形式のユーザーインタフェースは、ステップバイステップでデコンボリューション処理をガイドします。プログラムは、前処理段階で画像撮りこみ時の顕微鏡パラメータを事前に確認し、異常な値があれば警告を行います。これにより、パラメータの異常による処理結果への影響を最小限にします。

デコンボリューション処理中に、Huygens Essential は、4D(4次元)或いは蛍光画像の場合の退色(ブリーチング)同様に、球面収差(Spherical aberration)の補正も行います。

処理過程はコントロールできます。処理結果に十分満足できないときにはいつでも、どの段階でもデコンボリューション処理を中止して、異なった条件設定で再処理できます。

マルチチャネル画像は、連続的に処理され、最終的な結果を構成するためにそれぞれのチャネルで最も良い結果のチャンネルを選択できます。

また、3D及び2D画像、マルチチャネル画像の時系列(タイムシリーズ)画像へのデコンボリューションは、タイムシリーズファイルを選択するだけできわめて簡単に行えます。

知的な4Dクロッピングツールは、4次元的に処理範囲の選択及び必要のないチャネルを削除し、コンピュータ処理能力の負荷を減少させることにより効率的な演算を行います。大きい画像全体のデコンボリューション処理を行うために十分なシステムメモリがない場合は、データをブロック( bricks )に分けてひとつずつデコンボリューション処理します。最終結果では再び一枚に結合されます。

Huygens ソフトウエアにロードする時に、データセットに自動的に含まれる explanation on Microscopic parameters で詳細をご参照ください。

Deconvolution Parameters の設定は、すでに顕微鏡のタイプに基づいて予め設定されますが、データセットを取得した方法に合うように特別に調整できます。

詳細はHuygens Deconvolution and Restorationをご参照ください。

バッチツールは、ユーザが望む方法と多彩なアルゴリズムで正確に膨大なデータを簡単な方法で処理します。 他の仕事をしていても、 Huygens は早急に必要とする信頼できるデータをお届けします。

Huygens Essential でサポートされている多彩なビジュアルツールは、処理されたデータをさらに詳しく解析する手段を提供します。 Twin Slicer を使って簡単に結果画像と元画像又は異なったスライス画像を比較できます。 MIP Rendererは、設定された視点からデータの空間的な投影画像を表示します。 SFP Renderer もまた、異なった角度から対象物を視覚化し、時間経過を含めて3Dデータについて立体的で詳細な3D画像を提供します、一方、Surface Renderer は、データの輪郭抽出で3D画像を作成し異なった表現方法を提供します。

The Twin Slicer (click to open larger view).
The Twin Slicer (click to open larger view).


The MIP renderer (click to open larger view).
The MIP renderer (click to open larger view).


The SFP renderer (click to open larger view).
The SFP renderer (click to open larger view).


The Surface renderer (click to open larger view)
The Surface renderer (click to open larger view)



新しい 解析ツールは、Huygens Essential ソフトウェアの最新版で利用できます。 Colocalization Analyzer では、異なったデータ・チャネル間での構造と時間の空間的な重複する部分の量に関する情報が得られます。 この重なりはいろいろな方法で定義できるので、 Huygens は、文献で最も一般的に使用されるコローカリゼーション係数を使用します。すなわちPearson、Overlap、及び Manders M and Kです。 Object Analyzer は、単一の対象物とその統計値を解析する3D分類表示ツールを提供します。

The Colocalization analyzer (click to open larger view).
The Colocalization analyzer (click to open larger view).

The Colocalization analyzer (click to open larger view).
The Colocalization analyzer (click to open larger view).



The Object Analyzer (click to open larger view).
The Object Analyzer (click to open larger view).


詳細は Analysis Optionsをご参照ください。


より高度なユーザに対して、Scientific Volume Imaging(SVI) 社は、特に膨大なデータを処理するために現在利用可能な最も強力なデコンボリューションパッケージの Huygens Professional と Huygens Scripting を用意しています。より詳しい情報は、下記SVIの代理店を通じて入手できます。



Digital Microsystems

Image
株式会社 デジタルマイクロシステムズ

Address:
  • 京都市北区小山西大野町82-2
Contact Information:

Solution Systems Inc.

Image

Address Head office
  • 1-30-36 Surugadai Funabashi city
  • Chiba 273-0862, Japan
Contact information:
  • Phone: +81-47-424-6308
  • Fax: +81-47-424-6327

For Customer testimonials see http://nic.es.hokudai.ac.jp/huygens.html

Address Tokyo office
  • 2F Mutoh Bldg. 2-25-1 Hongo Bunkyo ku
  • Tokyo 113-0033, Japan
Contact information:

Further Japanese pages:

Microscopy parameters
Deconvolution parameters
Deconvolution Express
Huygens GPU acceleration
Huygens Essential Deconvolution Roadmap
Background on deconvolution and restoration
Sampling and sampling density
GPU troubleshooting checklist
Pointspread function
Analysis with Huygens
News on Biannual releases, currently only in English

All above pages were translated into Japanese by Mrs. Keiko Tanida from Digital Microsystems