Loading...
 

Huygens 解析オプション


Huygens Professional および Essential 解析オプション:

*コロカリゼーションアナライザー (Colocalization Analyzer)
*オブジェクトアナライザー (Object Analyzer)
*オブジェクトトラッカー (Object Tracking)

* コロカリゼーションアナライザー Colocalization Analyzer 

1. Colocalization Analyzer は、3D スタック、あるいは 3D タイムシリーズで異なるデータチャネル間の空間の重なりの量に関して定量情報を提供します。Huygens は、コロカリゼーション係数を提供します。

コロカリゼーション係数およびヒストグラム表示タブ__
ColocalizationAnalyzer2.png


2. オーバーラップするチャネルの領域のサーフェイスレンダリングタブ
coloc2.png


3. コロカリゼーションマップのコロカリゼーションした領域の対象物解析タブ
coloc3.png


コロカライズされた領域の統計を計算して、エキスポートします。



* Object Analyzer は、3D から 5D 画像を解析する優れたツールです。

reference_frame_total_OA_3.6.0.png



次の統計情報が選択された実験プリセットに応じて、各対象物について報告されます: 形状データ、空間位置、隣接との関係、参照対象物との関係およびオーバーラップの程度(コロカリゼーション)。より多くの特徴は、画像ヒストグラムに基づくセグメンテーション、3D 関心領域(ROI)の対話的な定義、ROI 内の対象物位置測定、ユーザープリセットに保存できる設定可能なパラメーターリスト、繰り返し作業用のテンプレートとして解析履歴の保存および多くの様々なパラメーターに基づく高度な対象物フィルターを含みます。 その上、その結果は、更なる解析のために Excel および MATLAB にエキスポートできます。



*Object Tracker、統合された Tracker は、対象物位置、速度、流れを解析して、ヒストグラムおよびプロットに視覚化して、エキスポートできます。

OT1.png

OT2.png
可能な機能
• 対象物およびバックグラウンドを選択することによる Train 検出。
• 明るさおよび他の機能を使用して対象物を検出。対象物の数、明るさおよび幅で閾値を定義。
• トラックを接続するために対象物形状および方向性を使用。
• 素早いトラック編集(削除、切断、接続)。
• 再利用するためにテンプレートにトラック検出設定を保存。
• Track Analyzer で将来の解析のためにトラックを保存。

その他の日本語ページは general overview page の下部に記載されているページをご覧ください。

Contact Information

Scientific Volume Imaging B.V.

Laapersveld 63
1213 VB Hilversum
The Netherlands


Phone: +31 (0)35 64216 26
Fax: +31 (0)35 683 7971
E-mail: info at svi.nl

Image Image Image Image Image Image