Loading...
 

新製品! Huygens Localizer: 高速で正確な STORM / PALM / GSD 処理を示します!



*ビデオには、HUYGENS Localizer ウィザードを使用したリアルタイムで、GPU による高速実行が表示されます。使いやすく対話的なユーザーインターフェースは、非常に便利なワークフローを提供し、CPU と GPU 並列処理 であなたのすべての SMLM データを高速で処理します。
画像: Leica GSD で撮影した微小管。 画像提供は、Marko Lampe 博士(EMBL、ハイデルベルク、ドイツ)

簡単および対話式

最大限の使いやすさを目指して設計されており、さまざまなローカリゼーションデータ(STORM / PALM / GSD)をサポートしています。対話的に検出と前/後処理設定を最適化し、リアルタイムで高品質のローカライゼーション結果を得ます。

驚くほど速い

すべての処理は、CPU と GPU の両方で高度に並列処理されるため、1 分あたり何万ものタイムフレームを処理でき、画像の後処理ワークフローの貴重な時間を節約できます。

オールインワン SMLM パッケージ

さまざまなファイルフォーマットの PALM、STORM、GSD データをサポートします。 対話式の前および後処理、さまざまなフィッティングアルゴリズム、強力なバックグラウンド評価法、ドリフト補正および対話式のレンダリングと解析が含まれます。



HUYGENS Localizer:対話式および高速ローカライゼーション顕微鏡処理

Huygens Localizer は、光活性化局在顕微鏡(PALM)、確率光学再構成顕微鏡(STORM)、基底状態 Depletion(GSD)画像などの単一分子局在顕微鏡データ(SMLM)の高速で高性能な処理のためのスタンドアロンソフトウェアパッケージです。 Huygens Localizer は、CPU と GPU の計算用に最適に設計されて、リアルタイム処理を可能にします。 主な機能は、次のとおりです:

ウィザード方式のインターフェース
対話式の前および後処理
様々なフィッティング法
オプションのドリフト補正
CPU と GPU の両方で動作: 高度に並列化された性能
ビジュアリゼーション: ローカリゼーションの対話式のリアルタイムレンダリング
ローカライゼーションデータとレンダリング画像のエクスポート
対話式の対象物解析

Widefield
HUYGENS Localizer result
微小管を Leica GSD で画像化しました。 同等の広視野画像を得るために 2000 フレームを積算しました(右側)。HUYGENS Localizer によるレンダリング結果を左側に表示します。 画像は、Marko Lampe 博士(EMBL、ハイデルベルグ、ドイツ)によって提供されました。

対話式の前処理

強度変化を経時的に視覚化し、タイムシリーズ全体から有用な領域を切り取ります。 HUYGENS Localizer は、単位あたりのフォトン数(ppu)の値およびバックグラウンドなどの画像データから有用な値を正確に評価することができます。 また、顕微鏡パラメータから PSF サイズを評価することもできます、これは、より正確なローカライゼーション結果を得るのに役立ちます。 粒子検出ステージでは、閾値などの設定を対話式に変更して、データに最適な粒子検出設定を見つけることが可能になります。

強度変化の視覚化(褪色曲線)
対話式のトリミング
対話式の閾値処理
強力なバックグラウンド評価

前処理ステップおよび粒子識別設定は、識別された粒子に対するリアルタイムの視覚的フィードバックで調整できます。 タイムスライダーを使用して、さまざまな時点の設定に関するフィードバックをすばやく得ることもできます。

複数の CPU および GPU による高速フィッティング法

最適なフィッティングのために、さまざまなフィッティング法から選択することができます。 すべてのフィッティング法は、完全にマルチスレッド化され、CPU だけでも Nvidia 社 GPU でも実行できます。 処理は、(利用可能な)GPU RAM 用に最適化されたブロックサイズに分割されます。 これにより、毎分数万フレームの効率的な処理が可能になります。

最小二乗フィット
加重最小二乗フィット
最大尤度(Maximum Likelihood)
重心

HUYGENS Localizer (GPU)

Alternatives

Learn: GPU acceleration

対話式の後処理、レンダリング、解析

ローカライズされたデータを超解像画像に対話式にレンダリングします。 ピクセルサイズを変更(ビニング)し、さまざまな(加重)レンダリング設定から選択します: 最近傍ピクセルでの bin、固定したガウス、加重したガウス、不確実性に基づく幅。 自動で正確なドリフト補正(基準マーカは、不要!)は、最も正確な結果を得るために熱ドリフトを自動的に取り除くのに役立ちます。 マルチチャネル SMLM では、通常、チャネル間の移動があります。 Huygens Chromatic Aberration Correction は、この収差を補正することができ、結果として、より信頼性の高いマルチチャネル画像解析を実現します。 対話式の Object Analyzer(オプション)を使用して、対象物ベースの統計解析を実行できます。 例えば、次を測定します: 対象物の数、距離、体積、表面積か、またはさまざまなチャネルの対象物間の重なり。

ローカライゼーションデータの対話式のレンダリングおよびフィルタリング
固定したガウス、加重したガウス
自動ドリフト補正
色収差補正 (オプション)
対話式の対象物解析 (オプション)


ダウンロードして、 始めましょう!

あなたの顕微鏡画像を Huygens Localizer で試していただくのはいつでも大歓迎です。 お使いのコンピュータに Huygens Suite をインストールする際には、当社の他の製品も試してみてください。 ハードウェアや画像処理のニーズに最も適したオプションの詳細については、価格情報を請求するか、当社にお問い合わせください。

Download Now!



HUYGENS Localizer Image Gallery

Nanorulers Cac
GATTApaint 80nm nanorulers imaged with STORM system. Both the widefield (accumulated) data (background subtracted), and the processed image shows a clear shift between the two channels. This can be accurately corrected for with the HUYGENS Chromatic Aberration Corrector. The determined Chromatic Aberration template can be used for correcting chromatic aberration for other images as well. Image provided by GATTAquant GmbH, and processed with HUYGENS Localizer.


Widefield (frame accumulated)
Processed with HUYGENS Localizer
Microtubules imaged with a Leica GSD. 2000 frames were accumulated to obtain an equivalent widefield image (right). The rendered result by the HUYGENS Localizer is shown on the left. Image courtesy: Marko Lampe (image acquisition with a Leica SR GSD) / Ulf Matti (sample preparation), EMBL Heidelberg, Germany.