Loading...
 

Huygens Spinning Disk Deconvolution Software

すべてのブランドの顕微鏡の光学特性を考慮に入れるように特別に設計されています



Huygens Deconvolved
RAW Spinning Disk
多くの研究者は、Huygens Spinning Disk オプションを日常的に使用して、ノイズ、ぼやけ、および低いシグナルを補正しています。横河電機社 SoRa データを含む回転ディスク顕微鏡画像は、Huygens ソフトウェアデコンボリューション処理でき、本当に素晴らしい結果が得られます。Huygens のデコンボリューションにより、xyz 画像の品質、コントラスト、および解像度が大幅に向上します。その結果、画像の視覚化が容易になり、その後の解析の信頼性が高まります。画像のシグナルは、何倍にも増加する可能性があるため、Huygens を使用すると、より低いシグナルでより速く画像化でき、褪色と光毒性を最小限に抑えることができます。


画像説明:
''アクチンと核について染色された Hela 細胞は、Andor 社回転ディスクで画像化され、Huygens でデコンボリューション処理され、視覚化されました。 提供: University of Luxembourg、Light Microscopy Facility - Life Sciences Research Unit の Raffaella Vaccaroli 氏と Andreas Girod 氏。
''


Improve Resolution

画質と解像度の向上。詳細: Huygens デコンボリューション


Multiple Algorithms

高度な Maximum Likelihood Estimation アルゴリズムを使用します。詳細: Huygens アルゴリズム


All Microscope Brands

回転ディスク顕微鏡のすべてのブランドとタイプ、および多くのファイル形式がサポートされています。




Testimonials

Huygens が、他の方法では非常に困難か、または不可能だであろういくつかのプロジェクトをどのように可能にしたかを 見るのは素晴らしいことです。 Huygens へのアクセスと SVI 社からの迅速で経験豊富なサポートにより、QBI のスタッフは、顕微鏡ベースの研究において大きなアドバンテージを得ることができます。

オーストラリア、Queensland Brain Institute、Advanced Microscopy Facility の施設マネージャー、Luke Hammond 博士。
__施設で Huygens を使用してコンフォーカルデータを強化している研究者は、その結果に非常に感銘を受け
ています。__ライブサンプルは例外ではなく、ノイズの多いデータがルールであるため、現在、Huygens を日常的に使用して回転ディスクデータを強化しています。

ドイツ、University of Heidelberg、ニコンイメージングセンターの科学ディレクター、Ulrike Engel 博士。



Use in research

Moore A.S 氏、Coscia S.M 氏、Simpson C.L 氏 等。アクチンケーブルと彗星の尾は、有糸分裂のミトコンドリアネットワークを組織します。
Huygens は、回転ディスクのデコンボリューションに使用されました。
Nature 591, 659–664 (2021)

Jiamin Wu 氏、Zhi Lu 氏、Dong Jiang 氏 等。 デジタル補償光学を使用した反復トモグラフィーにより、ミリ秒スケールでの 3D 細胞内ダイナミクスの 1 時間にわたる生体内観察が可能になります。
Huygens は、3D シート光および回転ディスクコンフォーカルデコンボリューションに使用されました。
Cell (2021)

詳細については、 Scientific Publicationsを参照してください。

スキャン速度が速いため、回転ディスクコンフォーカル顕微鏡は、生細胞イメージングに最適です。不要な動きは、Huygens Object Stabilizer で補正でき、関心のある動きは、Huygens Object Tracker で追跡できます。

Object Stabilizer Object Tracker

More information

デコンボリューションの概要
Huygens Deconvolution
デコンボリューション画像



Raw Spinning Disk
Huygens Deconvolved
アクチンで染色された Hela 細胞と核は、Andor 社 回転ディスクで画像化されました。この画像内で、少なくとも1.5 倍の 2 点解像度の向上が測定されました。画像は、University of Luxembourg、Light Microscopy Facility - Life Sciences Research Unitの Raffaella Vaccaroli 博士とAndreas Girod 博士から提供されました。

詳細: 細胞生物学の分野の画像

Pawel Pasierbek Image contest 2015 winner
この培養したニューロンは、回転ディスクコンフォーカルで画像化され、Huygens でデコンボリューション処理されました。画像は、オーストリア、Vienna、BioOptics(IMP、IMBA、GMI)、Institute of Molecular Pathology のPawel Pasierbek 博士から提供されました。

詳細: 神経科学分野の画像


MoorePhotoentrySmall
この画像は、Mito-DsRed2 と LifeAct-GFP を発現し、DNA を視覚化するためにヘキスト色素で標識された 2つの中期 HeLa 細胞を示しています。これらの生細胞は、回転ディスクコンフォーカル顕微鏡によって画像化され、Huygens でデコンボリューション処理されました。画像は、米国、University of Pennsylvania、Holzbauer Lab の Andy Moore 氏から提供されました。


詳細:細胞生物学の分野の画像
Tucker Rutledge NIEHS
ミトコンドリア(赤色)、F-アクチン(緑色)、および核(青色)で染色されたウシ肺動脈内皮細胞を含む標準的な Invitrogen 社 Floucells #1 で調製されたスライド。デコンボリューション処理の前(左図)と後(右図)の画像を並べてマージし、デコンボリューションのパワーを表示しました。画像は、米国、NIH、NIEHSの Jeff Tucker 博士と Holly Rutledge 博士から提供されました。

詳細:細胞生物学の分野の画像