Loading...
 

Huygens Confocal Deconvolution Software

シングルポイントスキャンコンフォーカル顕微鏡用に特別に設計されています



Raw Confocal
Huygens Deconvolved
シングルポイントスキャンコンフォーカル顕微鏡画像は、Huygens ソフトウェア内で正常にデコンボリューション処理できます。これにより、x、y、z の対象物の解像度が大幅に向上し、対象物のシグナルが増加してノイズが補正されます。その結果、最適な視覚化と解析のために画像をセグメント化するのが簡単になります。 シグナルのゲインとノイズの補正により、より速く画像化できるため、光毒性と褪色が少なくなります。 Huygensは、ノイズの多い画像データに対して非常に高速かつ効率的に機能するClassic Maximum Likelihood Estimation (CMLE) および Good's roughness Maximum Likelihood Estimation (GMLE) アルゴリズムの最先端の実装を提供します。

画像説明
Huygens デコンボリューション処理の前(右図)と後(左図)のコンフォーカル画像の最大強度投影。画像は、ゾウリムシの繊毛の基底小体を示しています。データは、パリ、Gifsur Yvette、CNRS、A. Aubusson-Fleury から提供されました。





All Microscope Brands

シングルポイントスキャンコンフォーカル顕微鏡のすべてのブランドをサポートします。


120nm Resolution

コンフォーカル画像に Huygens を使用すると、120 nm の解像度を実現できます。


Most advanced algorithms





Testimonials

私たちのコンフォーカル顕微鏡のユーザーは、このプログラムに本当に感銘を受けています! 酵母細胞およびバクテリアを使った研究にとって非常に重要だと考えています。

ドイツ、University of Konstanz、AG Deuerling、研究マネージャーの PD Dr. Christina Schlatterer。
施設で Huygens を使用して コンフォーカルデータを強化している 研究者は、その結果に非常に感銘を受けています。

ドイツ、University of Heidelberg、ニコンイメージングセンターの科学ディレクターの Ulrike Engel 博士。




Deconvolved
Raw

Faster imaging

コンフォーカルイメージングの主な制限は、画像取得時間が長いことです。画像取得後に、Huygens デコンボリューションを使用すると、この時間を大幅に短縮できます。Huygens デコンボリューションは、対象物のシグナルを増加させながらノイズを減少させます。 したがって、生データのS/N 比(SNR)が低い場合でも、鮮明な画像を復元できます。低いシグナルで十分なので、露光時間を短縮できます。そうすれば、サンプル全体の画像化にかかる時間が短縮されます。

ノイズの多いデータの復元の詳細については、ここをクリックしてください。

画像説明
Huygens デコンボリューション処理の前(左図)と後(右図)のノイズの多いコンフォーカル画像の最大強度投影。Huygens デコンボリューションによるノイズ補正を実証するために、低い S/N 比(SNR)で取得されたデータ。データ提供: オーストリア、BioOptics IMP Vienna、Pawel Pasierbek 博士。




See deeper

顕微鏡画像は、顕微鏡下の対象物に関して収差があります。これらの収差は、画像全体で一定ではありません: 通常、サンプル内を深く移動すると、画質は、徐々に低下します。これは、サンプルとレンズ媒体間の屈折率の不一致によって引き起こされる球面収差が原因です。Huygens デコンボリューションは、画像の収差を表す関数、いわゆる点像分布関数(PSF)を深度に依存する方法で正確に計算します。次に、この深度依存 PSF を使用して、深度範囲全体にわたって一貫した復元品質を実現します。

理論上の PSF の詳細については、ここをクリックしてください。

画像説明
''カバーガラスまでの距離に基づいて Huygens によって計算された理論上の PSF。Huygens デコンボリューションは、画像全体で一貫した復元品質を確保するために、深度に依存する方法で実行されます。
PSF間の距離は、視覚化の目的で減少しました。''
DepthDependentPSF



Use in research

Walker C.K, Greathouse K.M, Boros B.D, et al. (2021). Dendritic Spine Remodeling and Synaptic Tau Levels in PS19 Tauopathy Mice.
樹状突起のコンフォーカルスタックは、Huygens Professional を使用してデコンボリューション処理されました。
Neuroscience Volume 455, 10 February 2021, Pages 195-211

Bhukel, A., Beuschel, C. B., Maglione, et al. (2019). Autophagy within the mushroom body protects from synapse aging in a non-cell autonomous manner.
コンフォーカルデコンボリューションには、Huygens を使用しました。
Nature communications, 10(1), 1318.

詳細については、Scientific Publicationsを参照してください。

最良のデコンボリューション結果は、Huygens PSF Distiller で抽出された測定 PSF を使用することで達成できます。デコンボリューション処理後に、画像は、例えば、コロカリゼーション解析などの信頼性の高い画像解析に使用できます。

PSF Distiller Colocalization Analyzer

More information

デコンボリューションの概要
Huygens デコンボリューション
復元の例



Image 1
''キイロショウジョウバエの幼虫の脳におけるDAPI(赤色)および mab22C10(緑色)染色の画像。画像は、Leica SP5 II コンフォーカル顕微鏡を使用して画像取得されました。画像は、インド、Indian Institute
of Advanced Studies の Anand Krishna Tiwari 博士から提供されました。''

詳細:神経科学分野の画像
Screenshot From 2020 02 21 16 51 19
''酵母オルガネラ輸送。タイムシリーズ画像取得、シングルポイントスキャンコンフォーカル。後期ゴルジマーカー Sec7-DsRed、初期ゴルジマーカー Cog1-GFP。完全に取得されたが、酵母エンドソームおよびゴルジシステムにおける低含量のタンパク質のノイズの多いコンフォーカルタイムシリーズにより、Huygens でデコンボリューション処理後に正確な対象物解析が可能になります。画像は、米国、University of Chicago、MGCB の
Benjamin S. Glick 教授から提供されました。''

詳細: 細胞生物学の分野の画像

Image 2 PMEF Tm5NM1+2 KO Huygens Deconvolved. Contrast Enhanced Max Projection
画像は、アクチン調節タンパク質 Tm5NM1 / 2の欠損の初代マウス胚線維芽細胞(pMEF)におけるアクチンフィラメントネットワークの顕著な複雑さを示しています。アクチンフィラメントは、ファロイジンによって視覚化されます。コンフォーカル画像(N.A. 1.4。100 x)は、Huygens Professional でデコンボリューション処理され、視覚化されました。画像は、オーストラリア、University of New South Wales、School of Medical Sciences、Cellular & Genetic Medicine Unit、Howard Vindin. 氏から提供されました。

詳細: 発生生物学の分野の画像
SVI_Contest2014.png
一連の発達中のショウジョウバエ卵母細胞(正確には卵室)。Leica SP 8 レーザースキャンコンフォーカル顕微鏡で、63 x 1.4 NA の対物レンズを備えた 116 枚の光学断面の Z スタックを撮影しました。アクチン(黄色)は、ローダミンファロイジンで染色され、いわゆるナース細胞の核膜は、GFP-Tm1(緑色)の自家蛍光で標識されます。HRM は、生の画像をデコンコリューション処理するために使用されました。画像は、ドイツ、EMBL Heidelberg、Developmental Biology Unit の Imre Gaspar 博士から提供されました。

詳細: 発生生物学の分野の画像