Loading...
 



Huygens STED Deconvolution Software

すべての STED 画像を改善するために特別に設計されています



STED GIF
STED 顕微鏡は、回折限界よりも小さい対象物を解像するための価値のある超解像技術であることが証明されており、STED デコンボリューションをリードする Huygens は、これをさらに推し進めています。すべてのタイプの STED(誘導放出抑制顕微鏡) 画像は、Huygens で正常にデコンボリューション処理できます。Huygens の卓越した STED デコンボリューションにより、X、Y、および Z の解像度が2倍に向上し、SNR が 8 倍に増加するのとコントラストが向上します。Huygens STED デコンボリューションにより 22 nm の FWHM 解像度が達成されました (Microscopy Today の記事 を参照)。可能な限り最高の結果を保証するために、Huygens には、熱ドリフトを簡単に補正する統合されたSTED stabilizerがあります。

画像説明:
細胞骨格タンパク質が標識された初期海馬ニューロン(マゼンタ色、アルファ-アデュシン、Abberior 社STAR 635P および緑色、βII スペクトリン、Alexa 594)。Abberior Instruments 社のSTEDYCON で画像化され、Huygens を使用してデコンボリューション処理されました。


Reach 22nm Resolution

褪色熱ドリフトおよび球面収差を自動的に補正しながら、画像の解像度、コントラスト、SNR を効果的に向上させます。


Most advanced Algorithms

完全な GPU アクセラレーションを備えた Huygens の高度なMaximum Likelihood Estimation algorithms を使用します。


All Microscope Brands

すべての STED システムとそのファイル形式をサポートします。Abberior 社および Leica ソフトウェアとのリンクを使用して、データを簡単に交換できます。




Raw Confocal
STED + Huygens Deconvolved
哺乳類細胞の核膜孔複合タンパク質(赤色、Abberior STAR RED)とペルオキシソーム(シアン色、Alexa 594)を示す Z スタック MIP 投影。Abberior Instruments 社の STEDYCON で画像化され、Huygensでデコンボリューション処理されました。

Testimonials

私は、8 〜 9 年間 Huygens のユーザーであり、皆さんから提供されたサポートは素晴らしいです!

米国、MD Anderson Cancer Center、画像解析研究者およびインストラクターの Priyam Banerjee博士。
私は、ここ数年 Huygens と共に仕事をしてきましたが、それは、本当に強力なツールだと言えます。 SVI社は、柔軟性とユーザーフレンドリーの両方を備えたソフトウェアパッケージの開発で素晴らしい仕事をしてきました、これは、科学的なデータ処理に関しては必ずしも容易ではありません。

ルーマニア、UPB、Center for Microscopy-Microanalysis and Information Processing の研究者のStefan Stanciu 博士。


STED 3D deconvolution
STED 3D 抑制は、XY 方向と Z 方向の両方の解像度を高めるために使用されます。これを実現するために、STED ビームは、2 つに分割され、サンプルを水平方向と軸方向の両方に照射します。Huygens 3D STED 光学オプションには、この軸方向および水平方向の抑制に対処するための特定のパラメータが含まれています、これは、3D STED 点像分布関数(PSF)のアスペクト比に直接影響し、それによって、デコンボリューションで達成できる X、Y、および Z の解像度の向上が実現できます。

画像説明:
海洋渦鞭毛藻アンフィジニウムの微小管骨格の等方性解像度に注意してください。この 3D STED 画像(50 % STED 3X)は、Leica TCS SP8 STED-3X システムで画像取得され、Huygens ソフトウェアでデコンボリューション処理および視覚化されました。画像は、バルセロナ、CSIC Institute of Marine Sciences のElisa Berdalet氏とCenter for Genomic Regulation の Timo Zimmermann 氏によって提供されました。
STED3D MIProt


Send TO Huygens Button Crop
Huygens deconvolution for Abberior and Leica microscopes
すべての STED 顕微鏡画像は、Huygens ソフトウェアを使用して改善できます。Huygens は、Leica STEDに含まれるメタデータも読み取り、Abberior STEDYCON および Facility ラインのファイル形式 を自動的に読み取ります。ファイルを読み取ると、メタデータの忠実度チェックが実行され、最適なデコンボリューション結果が保証されます。2 つの Abberior 顕微鏡システム用の特別な画像フィーダー により、研究者は、ワンクリックで Abberior の画像取得ソフトウェアから Huygens Professional に画像を直接転送できます。Leica LASX ソフトウェアと Huygens 間にも同様のリンクがあります。



Use in research

Watanabe K 氏、Takao D 氏、Ito KK 氏 等。Cep57-pericentrin モジュールは、PCM 拡張と中心小体エンゲージメントを構成します。
STED 画像は、Huygens でデコンボリューション処理されました。
Nature Communications 10 (2019)

Spahn C 氏、Grimm JB 氏、Lavis LD 氏 等。全細胞、3D、および交換可能な蛍光体を使用したマルチカラー STEDイメージング。
STED 画像は、Huygens でデコンボリューション処理されました。
Nano Letters 19, 500-505 (2019)


詳細については、 Scientific Publicationsを参照してください。

STED 3D スタックは、熱ゆらぎが原因で断面の位置がずれることがよくあります。したがって、Object Stabilizer は、STED デコンボリューションに含まれています。熱ドリフト補正は、Huygens PSF Distiller の特別な STED オプションにも統合されています。ビーズ画像から抽出された PSF は、デコンボリューションの結果をさらに改善し、STED 飽和係数を取得するために使用できます。

Object Stabilizer PSF Distiller

More information

デコンボリューションの概要
Huygens デコンボリューションソフトウェア
デコンボリューション画像



Raw Confocal
STED + Huygens Deconvolved
STED140ROR ナノルーラー(GATTAquant)。赤色と白色のサイト間の 70 nm の距離。Abberior Instruments の STEDYCON で画像化され、Huygens Professional でデコンボリューション処理されました。
gSTED_deconvolution_Websmaller.jpg
Chromeo 488 に結合した一次および二次抗体で染色された中心小体のゲート STED 単一平面画像およびコンフォーカルデータ。生および Huygens のデコンボリューション処理された画像が表示されます。強度プロファイルは、ローレンツ分布に適合しました。画像は、スイスLausanne、EPFL のGrazvydas Lukinavicius 博士から提供されました。




Raw Confocal
STED + Huygens Deconvolved
アクチン細胞骨格が標識された Hela 細胞(ファロイジン、Abberior STAR Red)。Abberior Instruments の STEDYCON で画像化され、Huygens Professional でデコンボリューション処理されました。
Raw Confocal
STED + Huygens Deconvolved
アクチン細胞骨格が標識された Hela 細胞(ファロイジン、Abberior STAR Red)。Abberior Instruments 社の STEDYCON で画像化され、Huygens Professional でデコンボリューション処理されました。


o14_Series_website_image3.jpg
キイロショウジョウバエの幼虫の神経筋接合部内のシナプス前マーカー(2 次抗体の Atto 647n)は、Huygens(中央の写真)でデコンボリューション処理された花の構造の穴を示し、これは、生の Leica STED画像(左図)では識別できません。生のパルス STED 画像は、最初に安定化され、次に、Huygensでデコンボリューション処理されました。画像は、ドイツ、Leibniz Institute Magdeburg、CNI のOliver Kobler 氏、Ulrich Thomas 氏、Werner Zuschratter 氏から提供されました。

詳細: 神経科学分野の画像

APD__Figure.png
デコンボリューション前後のヒストンタンパク質を含む染色体のコンフォーカルおよび STED 画像。デコンボリューション前後の染色体(緑色のコンフォーカル)とヒストンタンパク質(赤色の STED)画像の組み合わせ画像。Leica コンフォーカルチャネルと STED チャネルの両方をデコンボリューション処理後に、より多くのコントラストと解像度を観察できます。画像は、赤色チャネルの拡大を示しています。画像は、米国、Bethesda、NIH/NIAID、Biological Imaging Facilityの Juraj Kabat 博士から提供されました。

詳細:細胞生物学の分野の画像

IsoSTED2
''この Huygens のデコンボリューション処理された画像は、小さい分子プローブで標識され、Abberior STEDエキスパートライン顕微鏡で画像化されたチューブリンの IsoSTED 画像を示しています。コンフォーカルおよび 3D STED 画像は、Huygens ソフトウェアを使用してデコンボリューション処理されました。Huygens MIP レンダリングを使用して生成されたムービー。
画像は、ドイツ、Max Planck Institute、Biophysical Chemistry - Department of Nano Biophotonics の MPI である Grazvydas Lukinavicius 博士から提供されました。''

詳細:細胞生物学の分野の画像

Figure.png
''神経細胞培養モデル(分化した SH-SY5Y 細胞)から撮影した Leica パルス STED 画像。細胞を固定し、抗チューブリン一次抗体と抗ウサギ-Atto 647N 二次抗体で染色しました。
挿入図は、1 つの特定の領域の拡大を示しています。画像は、ドイツ、04103 Leipzig、Deutscher Platz 5、Biotechnological- Biomedical Center、Molecular biological-biochemical Processing Technology の Heinz-Georg Jahnke 博士/教授、Andrea A. Robitzki 博士から提供されました。Free State of Saxony と European Union(SMWK/EFRE)から資金提供を受けています。''

詳細:細胞生物学の分野の画像

SCP3_Figure.png
生の Leica STED 画像と、その後の Huygens デコンボリューション後の両方で、2 つのもつれた X 染色体が下部に別々に表示されますが、通常のコンフォーカル顕微鏡では分離できません。画像は、米国、Bethesda、NIH/NIAID、Biological Imaging Facility の Juraj Kabat 博士から提供されました。

詳細: 細胞生物学の分野の画像