Loading...
 

Huygens SPIM/ Light Sheet Optical Option

選択的面照明顕微鏡 SPIM /シート光 Light Sheet 画像は、これらの顕微鏡の特定の光学特性を考慮した Huygens 光学オプションでデコンボリューション処理することができます。

SPIM/ Light Sheet 蛍光顕微鏡は、励起対物レンズで薄いレーザーシート光を標本に集束させることにより、光学的な断面化と高速な 3D 画像取得を組み合わせています。 このシート光は、放出された蛍光シグナルを 2D 画像として収集する対物レンズおよび検出器に対して垂直に配置されます。標準的には、標本を光軸に沿って移動させて、3 次元スタックを記録します。 可能な光損失/遮効果を考慮するために整列された異なる角度から複数のスタックを取得することができます。
SPIM/Light Sheet 技術は、照明が光損傷を最小にし、コントラストを改善する焦点面に制限されるので、生体標本を撮像するのに非常に適しています。 また、画像取得時間を大幅に短縮するために、ポイントスキャンは不要になります。

Huygens Light Sheet/SPIM 光学オプションにより、堅牢な Huygens デコンボリューションアルゴリズムを使用して大規模なデータセットのデコンボリューション処理を可能にします。 Huygens SPIM/Light Sheet デコンボリューションは、ノイズとぼやけを低減し、深度に依存する球面収差補正を考慮しています。 Huygens の SPIM/Light Sheet 画像をデコンボリューション処理する方法の詳細は、SPIM デコンボリューションでご覧になれます。

Features

  • 最高水準のデコンボリューション手法を使用して、SPIM 画像の品質と解像度を向上させます。
    • PSF は、局所的なシート光の厚さに適合します。
  • 非常に大きなデータセットを素早く処理できます。
    • GPU をサポート。
  • デコンボリューション処理後のデータを視覚化し、定量分析します。

Huygens Deconvolution of high-resolution MuVi SPIM data


高解像度 SPIM データの Huygens デコンボリューション。 理論上の SPIM 点像分布関数を用いて、CMLE アルゴリズムでデコンボリューション処理の前(左図)および後の C. エレガンスの 1 細胞期胚における GFP 標識の卵黄顆粒を示します。 Heidelberg の European Molecular Biology Laboratory の Uros Krzic 博士、Lars Hufnagel 博士、および Yury Belyaev 博士の許可により使用された SPIM 生データ。.



Huygens MIP-rendered and deconvolved SPIM data from a Leica DLS microscope



Leica Digital Light Sheet 顕微鏡で取得したマウス胚盤胞からの未処理 (左図) およびデコンボリューション処理した (右図) 3D 画像の最大強度投影(MIP) 画像。 デコンボリューションは、CMLE アルゴリズムおよび理論上の SPIM 点像分布関数を計算するための新しい Huygens モジュールで行いました。 Germany の EMBL Heidelberg の Marc Duque Ramirez 博士とNiwayama Ritsuya 博士(Hiiragi グループ)および Stefan Terjung 博士(ALMF) のご厚意による提供。